HOME > 更新用講習会情報

更新用講習会情報

2021年 開催研修・講習会



自立を促すセルフケアのすすめ~セルフドレナージ・運動療法の工夫~
日時 2021年4月24日(土)19:00〜20:30
講習会名 自立を促すセルフケアのすすめ~セルフドレナージ・運動療法の工夫~
会場 WEBセミナー(Microsoft Teams)
対象者 医師、看護師、PT、OT、あはき師、柔道整復師
会費 2,200円(税込)
目的 リンパ浮腫治療・ケアにおいてセルフケアは大きな役割を担う。さらに、新型コロナウィルスの影響により、患者への直背的な介入が難しい状況が続いている。四肢の状態だけでなく、患者のモチベーション維持にも寄与するセルフドレナージや運動療法の方法や工夫の仕方を習得していただき、多様化する患者背景に合わせ、様々な方法を組み合わせられる内容とする。
内容 ・セルフドレナージの基本
・セルフドレナージをしながら皮膚の状態を観察
・手が届き難い部分のケア、工夫の仕方
・継続できる運動療法
・身の回りにあるものを用いた運動療法の工夫


更新クレジット 2単位
連絡先メール academy@medi-japan.co.jp
ホームページ https://www.medi-japan.co.jp/
PDF 案内PDFダウンロード


第1回岡山大学リンパ解剖セミナー
日時 2021年6月4日(金)
第1部 13:30~15:00
第2部 15:00~16:30
各部とも、90分で内容は同じです。
講習会名 第1回岡山大学リンパ解剖セミナー
会場 岡山大学鹿田キャンパス 医歯薬融合教育研究棟(24番)(岡山県)
対象者 リンパ浮腫に関係する全ての医療従事者。 リンパ系に関係する研究者。 (今回の内容はリンパ浮腫セラピストに関係する内容が大半です。)
会費 医師 30,000円(第45回日本リンパ学会参加者は20,000円)
医師以外 15,000円(第45回日本リンパ学会参加者は10,000円)

目的 美しく系統だったリンパ解剖を参加者の皆様に提示し、リンパ解剖の研究や、リンパ浮腫治療の実践に役立てます。
内容 ・解剖標本を用いた、四肢リンパ管走行と、リンパ節の位置の詳細解説。
・リンパ系と静脈系・筋骨格系との位置関係の詳細。
・セラピストからみたリンパ解剖の施術への応用。
講師には佐藤佳代子先生(さとうリンパ浮腫研究所)、上山和代先生(香川県立中央病院看護師)、三宅一正先生(光生病院作業療法士)をお招きしています。
更新クレジット 2単位
連絡先メール nari470k@live.jp
ホームページ 第1回岡山大学リンパ解剖セミナー


静脈性潰瘍に対する処置と圧迫
日時 2021年7月25日(日)10:00〜16:00
講習会名 静脈性潰瘍に対する処置と圧迫
会場 WEBセミナー
対象者 ・日本医療リンパドレナージ協会 養成講習会中級修了者
・リンパ浮腫療法士
会費 当協会会員10,000円 /  非会員12,000円
目的 当協会の養成講習会中級修了以上の方を対象に、受講生のスキルアップを図るための講習会
内容 理論講義 小川佳宏先生(リムズ徳島クリニック院長)による、静脈性皮膚潰瘍の病態や処置の方法について学びます。

更新クレジット 3単位
連絡先メール info@mlaj.jp
ホームページ http://www.mlaj.jp/

2022年 開催研修・講習会



訪問現場における浮腫アセスメントおよび実践
日時 2022年2月19日(土)10:00〜15:30
講習会名 訪問現場における浮腫アセスメントおよび実践
会場 WEBセミナー
対象者 ・日本医療リンパドレナージ協会 養成講習会中級修了者
・リンパ浮腫療法士
会費 当協会会員10,000円 /  非会員12,000円
目的 訪問看護の現場において適切な浮腫ケアを行うため鑑別・ケア実践力を養う
内容 ・松尾 汎先生(松尾クリニック理事長)による訪問看護における浮腫アセスメントの理論。 浮腫の診断法と評価法について、そして浮腫の具体的治療についても、その実際について学びます。

・奥朋子先生(がん看護専門看護師)による理論講習:様々な浮腫に対する訪問看護の実践について学びます。

更新クレジット 2単位
連絡先メール info@mlaj.jp
ホームページ http://www.mlaj.jp/

教育セミナー・治療講習会


マイページのご案内を4/15頃にメールしております。迷惑メールフォルダなどご確認ください。再送をご希望の方は『jslt.system@gmail.com』まで、お名前をご記入の上ご連絡ください。

リンパ浮腫療法士 在籍施設

リンパ浮腫療法士 試験合格者一覧

お問合せ

よくある質問

LT登録事項変更

関連協力学会リンク

日本リンパ浮腫治療学会

PAGE TOP